なぜ導入するのか

介護

介護の仕事はとても大切なもので、今後需要がどんどん増していくことが予想されています。医療の発達により寿命が伸び、反面出生率の低下により子どもが減っている現代は超高齢社会へ向かっており、介護を必要とする高齢者の数がどんどん増えていきます。逆に、それに対する支援者の割合は少しずつ減っていくことが予想されており、介護事業をしっかり回していくためには効率のよい事業所運営が必要不可欠となっています。

マンパワーではどうしようもない部分をカバーしてくれるのが、介護ソフトです。介護ソフトはすでにある程度長く運営している事業所であっても導入することが可能ですが、新しく介護事業所を立上げる際に導入することで非常に効率のいい運営体制を作ることが可能です。
介護ソフトというのは、介護に関する業務を総合的に支援してくれるソフトウェアのことで、ヘルパーたちの勤怠管理や利用者の情報の管理、介護請求などの事務作業などを効率よく行っていくことができます。

特に介護事業所の立上げの際は、イニシャルコストをできるだけ抑えるため、少人数でさまざまな業務を回していくことが多いでしょう。そのため、経営者が事務作業を兼任するケースも多く、その他の業務も少ない従業員で上手く分担していく必要があります。
そうなると各々の負担をなかなか軽減できず、十分な立上げとはならない可能性があります。少ない人数では利用者に十分なケアをすることが難しくなりますし、従業員のメンタルにもよくない影響があるかもしれません。
そういったリスクを軽減し、大変な事務作業を圧倒的に楽にしてくれるのが介護ソフトなのです。

ソフトによる変化

介護

介護ソフトを導入することで、さまざまな変化があります。特に事業所の立上げ時には非常に有用で、事務作業における雑多な作業を大幅に簡略化することができ、余った時間をセミナーなどに当てることができるようになります。

» 詳しくはこちら

コストを上回るメリット

介護

介護ソフトは導入時に費用がかかりますが、その費用をあっさり回収できるほどの有用性を誇ります。さまざまな情報をまとめて管理でき、時間短縮や従業員同士の情報共有、インシデント削減へとつなげることができるのです。

» 詳しくはこちら

選び方を知っておこう

介護

介護ソフトにはさまざまなものがあり、立上げの際には慎重に選びたいものです。選ぶポイントは、その介護ソフトの導入実績数、事業に必要な機能が入っているかどうか、サポート体制は万全かどうかなどです。

» 詳しくはこちら